コラム

COLUMN

送電線工事って?どのような流れで作業するの?

こんにちは!
奈良県奈良市に拠点を置き、電気工事を手かけている伏見電業株式会社です。
弊社は、奈良県・京都府および周辺地域で超高圧送変電設備の修繕・保守工事を担当する建設業者として活動しています。

送電線工事とは?

送電線のメンテ
送電線工事とは、電気を作るために欠かせない工事で、発電所で発電した電圧を変電所に送る設備を整える工事のことを指します。
たとえば、送電線鉄塔を建設したり、修正したりするのが主な施工内容です。
とくに、弊社では送電線鉄塔のメンテナンスに重きを置いていることがあり、その部分について詳しく解説します。

1.送電線のメンテナンス工事

送電線のメンテナンス工事についてです。
この作業においては、送電線の塗装を行ったり、送電線と鉄塔を繋いだりします。
これはもう設備は常に風雨にさらされており、そのまま放置してしまうと、大きな被害を引き起こす恐れもあります。
そのため、定期的にメンテナンスを提案したり、日々のメンテナンスを通じて設備の維持管理を行ったりします。

2.送電線周りのメンテナンス

次に、送電線だけでなく、周りの環境整備も行います。
具体的には、送電線周りの草刈りや木の伐採、鉄塔までの道のり部分の整備も行います。
これらの部分を整備することで、電気を通しやすくなったり、電気が草木に触れて発火したりすることを防げるのです。

【求人】電気工事士を募集中!

人材募集
弊社では充実した教育体制を整え、従業員の方をお待ちしています。
「未経験だから不安……」「スキルアップを目指しているけど、この会社で成長できるかな?」といった不安を抱えている方もご安心ください。
弊社では充実した教育体制を整えているため、未経験・経験問わずに正社員で採用しています。
弊社求人に興味をお持ちの方は、お問い合わせフォームからお気軽にご相談いただければと思います!
最後までご覧いただき、ありがとうございました!